ITサービス > 開発実行モデル > BOT(Build, OperateとTransfer)

インドーサクラ社のBOTモデルは、顧客様に専用のオフショア開発センターのメリットを得ることを可能にします。当社は、お客様の動作環境の仮想延長として機能する顧客様にささげるリソースチームを提供する。このモデルは、顧客に、インドで開発センターを開始するすぐに使用できるソリューションを提供しています。

BOTモデルでは、インドーサクラ社は顧客様に対してインフラ、金融、プロセスとリソースを持つ専用のオフショアデリバリーセンターを開発して、指定した期間までにセンターを運営し、後に、顧客様へ開発センターを完全にトランスファーする。このオフショア – オンサイトモデルは、センターの設定のいずれかの激論を取得せずに、顧客様のビジネスの仮想拡張機能です。

インドーサクラ社のビルド・オペレート・トランスファー(BOT)モデルの利点

  • 設立されたオフショアセンター
  • 低い運用コスト
  • 市場への迅速な時間
  • 柔軟性
  • 業務の迅速なスケーリング
  • 安価で効果的なモデル
  • タイムゾーンの利点を利用される
  • 長期的な中心とした専用のソフトウェアチームは、知識の保持を可能にします。