会社概要 > ニューズ・イベント

2014 年
  • 設立10年目記念日:

    12月12日設立10年目記念日を迎えました。御客様を従業員に感謝を申し上げます。

  • BLEを使用:

    アメリカハードメーカを日本で技術が高いBLE製品を販売できるようにサポートし始めた。

  • 血糖モバイルAppを作成:

    研究されている血を出せないで血糖を図るAppを作りました。

  • CSR活動として緊急位置を送るアプリを無料でPlayStoreに:

    緊急時自分の位置を大切な人にお知らせできるようにしました。

  • アニメ業界への製品をしてモバイルAppを作成:

    アニメ業界とパートナーシップして企業の収入を上げるようにプロフェッショナルなアプリを作成。

2013 年
  • 2013年5月:

    日本本社を東京都品川区へ移転。

  • 2013年4月:

    アンドロイド携帯ユーザー向けデータバックアップサービス『AMBS』の提供開始。

2012 年
  • 2012年12月:

    インド現地における大規模の案件に対して日本人スタッフの求人(約50名)のため福島県民向け人材募集を行いました。

  • 2012年8月:

    NHKからの取材受け。

  • 2012年4月:

    グループ企業と業務提携により米国拠点の設立。

2011年
  • 2011年10月:

    ガートナーからの取材受け。

2010 年
  • 2010年8月:

    日本進出予定のインド中小企業向けビジネス支援及びコンサルを提供する事業部J-SIG(Japan Special Interest Group)を開催・設立しました。

  • 2010年4月:

    在印日系企業向け人材派遣サービスの開始。

2009 年
  • 2009年7月:

    Hadoop EcoSystemを適用して、Hadoop環境設定サービスとビッグデータ分析サービスを提供し始めました。

  • 2009年4月:

    日本本社を千葉市へ移転。

2008 年
  • 2008年12月:

    インドテレビからの取材受け。

  • 2008年10月:

    OMNISCIENTの開校式: 当社は日本大手IT企業と提携により、ITに特化した、実践的な日本語育成センターを設立しました。5ヶ月間の研修で、日本プロジェクト開発に必要される仕様書作成、各種のレポート作成、現場の商習慣、ビジネスマナー、食生活などを日本人プロジェクトマネージャーに、詳しく教えられます。
    欧米企業にて3年間以上の経験があるインド人一流の技術者、もしくはインドIIT大学の出身者が入試を受けて、本コースに選ばれます。日本企業にインド人技術者を円滑にご活用されるよう当社の人材育成努力です。

  • 2008年7月:

    日本プロジェクトにキーになる一流技術者チームの募集: 今後弊社がスタートしている日本語育成事業対処になる一流技術者の募集スタートしました。 インドのIT工業大学へいろいろはキャンペーン・セミナーを行い、日本市場と日本市場に今後必要されるインド人IT技術者のニーズに対して、講義を行いました。

2007 年
  • 2007年7月:

    在印日系企業向けITサービスの提供開始。

  • 2007年4月:

    オムロングループ会社と業務提携により、インド人IT技術者の発掘と日本育成について協業の企画。

2006 年
  • インドにおける日本企業に対してビジネスチャンス:

    『インドにおける日本企業に対してビジネスチャンス』:当社は日本テクノセンターの要請で、『インドへのアウトソーシングのメリット・デメリット』に関するセミナーに講義しました。世界第2の消費者を持ちインド国は今後急速に発展してくる見込みがあり、日本企業に対して進出チャンスが幅広いです。

  • オフショアセンターを設立:

    インド(バンガロール)でインド法人・オフショア開発センターの設立。

  • i-CAPを作成:

    i-CAP 事業部の開設:当社は、日本ビジネスパートナーと提携により、日本企業向けに、インド市場進出支援を行う事業部、i-CAPを開設しました。

2005 年
  • 会社設立:

    会社設立(本社:名古屋市中区)しました。